古沢がケリ

インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

インプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

モテフィットの口コミや効果が凄い!本当?徹底検証!
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。

高い技量を持つ歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして医療費を収入から引くサービスを受けられます。

医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です