湯田が笹島

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。

そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

日常的に運動を続けている方なら、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。
グライバルの口コミが凄い!効果は本当か?

インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。

どんなインプラントも虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。

感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くということも考えていきましょう。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。

ほとんどのケースは保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。

そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です