田沼のちゃんりー

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので異常がなくても維持費は必要になります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。

一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。

忘れないで欲しいのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。

まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。

それは違います。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
マカDXって人気みたいだけど効果どうなの?色んな評判を調べてみました。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。

なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

インプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

日常的に運動を続けている方なら、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部の義歯になる部分を装着します。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です