シロテナガザルで野坂

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。

最近話題になることも多いインプラント。

ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。

ブリアン歯磨き粉で虫歯菌除去?ブリアン歯磨き粉の効果は本当か?
義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。

がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

不断のケアが求められます。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。

インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費には大きな開きがあります。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

チェック事項はいくつもありますが、まず実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。

歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です