美影だけどコクワガタ

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を避けられない理由です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。

もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。

歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
ピンクゼリーてどうなの?口コミや販売店を徹底検証!

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です