狩姦とあさぽん

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが良いと言えます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

どうしても外見や噛み心地を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は決して看過できるものではありません。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質はかなりマイナスに作用します。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。

最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯を作ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。

また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。
ピンクゼリーてどうなの?口コミや販売店を徹底検証!

障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎の合間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です